ダイエットもいいけど、まずはむくみを取ってみたら?

食事制限でカロリーを抑えたり運動をしたりなどのダイエットを頑張っているのに、なかなか痩せずに悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。その原因は、むくみが大きく関係しています。

むくみがあると、どんなにダイエットを頑張ってもなかなか思うように痩せることができません。

むくみは代謝の低下により引き起こされます。代謝が低下する原因としては、栄養バランスの悪い食生活、寝不足や不規則な生活リズム、運動不足、デスクワークや立ち仕事などで長時間同じ姿勢をとり続けている、冷え性、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

これらの原因により代謝が低下すると血液やリンパ液の流れが滞ってしまい、余分な水分や老廃物が排出されずに体内に溜まってしまい、むくみの症状に結び付いてしまいます。

むくみの症状が進むとセルライトが出来やすくなる

むくみの症状が進むと、セルライトができてしまいさらに痩せにくい体になってしまいます。

セルライトは普通の脂肪とは異なり水分や老廃物を含んだ脂肪の塊なので、一度できてしまうとなかなか落とすことができない厄介なものです。

ですので、ダイエットをする前にまずはむくみを取るということから始めてみましょう。

むくみの原因は塩分の過剰摂取?

むくみ解消のための具体的な方法についてですが、食生活においては栄養バランスを考えた質の良い食事を心がけることが大切です。

野菜や果物や肉や魚や卵や海藻類や大豆製品などの食べ物を満遍なく食べて、ビタミンやミネラルや食物繊維やタンパク質などの栄養素をバランス良く摂取しましょう。

むくみの大敵となる塩分の摂取は、なるべく控えるようにしましょう。塩分の過剰摂取で、体がナトリウム過多になるとむくみを引き起こしやすくなります。

塩分を摂り過ぎてしまった場合は、利尿作用があるミネラル成分のカリウムの摂取が効果的です。

利尿作用により、ナトリウムや余分な水分を体の外の排出してミネラルのバランス整える効果が期待できます。

カリウムは食べ物から摂取することもできますし、サプリで摂取するのも効果的です。

代謝アップのためには、こまめな水分補給も必要不可欠です。体を温める効果がある根菜類を積極的に食べたりするのも効果的です。

生活習慣においては、規則正しい生活リズムや良質な睡眠や適度な運動などを心がけましょう。

同じ姿勢で長時間い続けると代謝が低下して血流が悪くなりますので、こまめに体を動かすことも大切です。

マッサージで外側から働きかけたりぬるめのお風呂に浸かって体を温めたりするのも効果的です。

むくみを取ることがダイエットの成功への近道となります。むくみ解消の方法をきちんと理解して対策に努めましょう。