カテゴリー: むくみをすっきり

むくみをすっきり

むくみの解消におすすめの入浴法

むくみ解消に効果的な入浴法

むくみはダイエットの原因のように、食べ過ぎたりして起こるものではありません。ナトリウムの取りすぎで体中、または、顔・手・脚に水分が蓄積されることでおこります。

それだけに、ダイエットをしても治ることはないのです。そんなときに効果があるのは入浴法です。

そこで、むくみの仕組みと、それを解決するおすすめな効果的な入浴法を覚えておくことです。

むくみ解消のベストな入浴方法はゆっくりぬるい湯に浸かること

まずお風呂にはいることで、どうしてむくみが解消されるかですが、ゆっくり入ることにより、体中から汗が出て、水分を減少させることができるのです。

熱いお湯よりも、ぬるま湯のお風呂に入ります。その時は、全身浴ではなくて半身浴を心がけます。これが入浴法の基本です。

このようなお風呂にゆっくりと入ると、次第に汗が出て余分な水分が体外に汗として排出されます。

また、もう1つの効果は、血行の促進です。水分が体内に滞っているということは、血行をよくしてその水分を体外に排出してしまえばよいのです。

そのためには、温かいお風呂に入ることです。

さらに、体が温まり血行が良くなる入浴剤は効果的です。ほとんどのものに体を温める作用と血行を促進する作用がありますが、最近では、炭酸系のものもあり、効果があります。

入浴中の軽いマッサージもむくみ解消に効果的

血液の流れをよくするためには風呂でのマッサージも効果的です。体が温まってきたらまずは足指のマッサージです。

両足の指をグーチョキパーと足指じゃんけんを3回から5回するだけです。すると、脚のつま先の血液の流れが良くなっていきます。

次は、ふくらはぎです。ふくらはぎを下から上に向かってゆっくりと少し強めに揉み上げていきます。

3回から5回ほどふくらはぎの下から膝までを数回揉み上げた後は、太ももの後ろを下から足の付け根までゆっくりと上に向かって揉み上げていきます。

すべての基本は下から順番に上に揉み上げていきます。そうすることで、普段は重力で下にたまりがちな血液や水分を戻し、ふくらはぎや脚などのむくみをとるのに効果がでます。

その後、上を向いて顔にお湯で温めたタオルを1分間のせてあたためます。すると、気持ちがよくなり顔の血行も良くなってきます。

そのあとタオルを取って目の周りを左右の人差し指と中指の二本の指で鼻から上に上げてそのまま額を通って、目の外側に向かい、下に下ろしながらに目の周りを一周するという流れを3回転から5回転繰り返します。

さらに口を大きく開いて閉じるという運動を行えば顔面運動で血液の流れがよくなります。毎回このようにして入浴することで、むくみは徐々に解消していきます。

Be the First to comment. Read More
むくみをすっきり

ダイエットもいいけど、まずはむくみを取ってみたら?

食事制限でカロリーを抑えたり運動をしたりなどのダイエットを頑張っているのに、なかなか痩せずに悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。その原因は、むくみが大きく関係しています。

むくみがあると、どんなにダイエットを頑張ってもなかなか思うように痩せることができません。

むくみは代謝の低下により引き起こされます。代謝が低下する原因としては、栄養バランスの悪い食生活、寝不足や不規則な生活リズム、運動不足、デスクワークや立ち仕事などで長時間同じ姿勢をとり続けている、冷え性、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

これらの原因により代謝が低下すると血液やリンパ液の流れが滞ってしまい、余分な水分や老廃物が排出されずに体内に溜まってしまい、むくみの症状に結び付いてしまいます。

むくみの症状が進むとセルライトが出来やすくなる

むくみの症状が進むと、セルライトができてしまいさらに痩せにくい体になってしまいます。

セルライトは普通の脂肪とは異なり水分や老廃物を含んだ脂肪の塊なので、一度できてしまうとなかなか落とすことができない厄介なものです。

ですので、ダイエットをする前にまずはむくみを取るということから始めてみましょう。

むくみの原因は塩分の過剰摂取?

むくみ解消のための具体的な方法についてですが、食生活においては栄養バランスを考えた質の良い食事を心がけることが大切です。

野菜や果物や肉や魚や卵や海藻類や大豆製品などの食べ物を満遍なく食べて、ビタミンやミネラルや食物繊維やタンパク質などの栄養素をバランス良く摂取しましょう。

むくみの大敵となる塩分の摂取は、なるべく控えるようにしましょう。塩分の過剰摂取で、体がナトリウム過多になるとむくみを引き起こしやすくなります。

塩分を摂り過ぎてしまった場合は、利尿作用があるミネラル成分のカリウムの摂取が効果的です。

利尿作用により、ナトリウムや余分な水分を体の外の排出してミネラルのバランス整える効果が期待できます。

カリウムは食べ物から摂取することもできますし、サプリで摂取するのも効果的です。

代謝アップのためには、こまめな水分補給も必要不可欠です。体を温める効果がある根菜類を積極的に食べたりするのも効果的です。

生活習慣においては、規則正しい生活リズムや良質な睡眠や適度な運動などを心がけましょう。

同じ姿勢で長時間い続けると代謝が低下して血流が悪くなりますので、こまめに体を動かすことも大切です。

マッサージで外側から働きかけたりぬるめのお風呂に浸かって体を温めたりするのも効果的です。

むくみを取ることがダイエットの成功への近道となります。むくみ解消の方法をきちんと理解して対策に努めましょう。

Be the First to comment. Read More
むくみをすっきり

むくみの解消におすすめのきゅきゅっと小町ってどんなサプリ?

きゅきゅっと小町

むくみ解消サプリのきゅきゅっと小町は、体質のせいだと諦めていたむくみをスッキリできると評判のサプリです。

夕方から足がパンパンになってしまう方や、目覚めた時に顔の大きさが気になってしまう方など、日々のむくみに悩まされている方からの口コミでは、むくみ解消をサポートしてくれる成分が手軽に摂取できると評判になっています。

そんなきゅきゅっと小町ですが、このサプリにはどのような成分が入っているのでしょうか?

きゅきゅっと小町の成分を教えて!

このサプリで使用しているメインのスッキリ成分は、カリウムとメリロートです。カリウムは体内にある余分なナトリウムを排出して、ミネラルバランスを整える働きがあります。

しかし体内のカリウムが不足すると、増えすぎたナトリウムを薄めようとして水分をため込んでしまうので、むくみが生じてしまいます。

カリウムはパセリや大豆などの多くの食品に含まれていて摂取しやすい成分ですが、味付けの濃い物が好きだったり、食べる物が偏ってしまったりすると、ナトリウムが増え過ぎてしまいミネラルバランスが崩れてしまうことがあります。

メリロートはマメ科の植物で、血液やリンパ液の流れを促進するクマリンやサポニンなどの成分が含まれています。

血行が悪くなると体全体が冷えてしまうので、まずはエネルギーを生み出すための器官が集まっているお腹を温めようとします。そのため、手足などの血流が悪くなってしまい、むくんでしまうことがあります。

きゅきゅっと小町はカリウムとメリロートのW効果で、余分な水分の排出を促してスッキリさせる効果が期待できます。

カリウムとメリロート以外にもたくさんのむくみ解消成分が含まれている

しかも、きゅきゅっと小町に配合してある成分は、これだけではありません。

体を温める効果があるショウガエキス、炭水化物の吸収を抑える成分が含まれている白いんげん豆、食物繊維をたっぷり含んだキャンドルブッシュに、脂肪の燃焼を助けるL-カルニチン、糖質や油の吸収を抑える働きが期待できるギムネマ・キトサンなどが入っています。

さらに美肌づくりの手助けになる、ビタミンCやビオチンも配合してあるので、体のスッキリを促しながらキレイを目指せるサプリになっています。

むくみ解消の口コミでは、マッサージをしたり、体を動かして汗を流したりする方法が効果的だと言われていますが、不要な水分や老廃物を排出する働きのある成分や、巡りを良くする成分を摂取することもおすすめされています。

バランスの良い食生活を心掛けることがむくみ解消にとっては理想的ですが、きゅきゅっと小町は食事だけではカバーしきれない部分を補ってくれるサプリになっています。

Be the First to comment. Read More
むくみをすっきり

足や顔など体がむくむ原因

体が浮腫む原因

足や顔などに多く出てしまうむくみ。特に女性に多い傾向にあり、朝起きた直後や、仕事が終わった後などにむくんでいるのが悩みだという人も多いです。

顔が大きく見えてしまったり、足が太く見えてしまうこともあります。解消させるために水分を控えめにしたり、寝る前に欠かさずマッサージを行っているという人も多いのではないでしょうか。

体が浮腫むというのはどんな状態?

そもそもむくみとは、皮下組織に水分が溜まってしまっている状態のことを指します。判別方法としては、顔や足などを指で強く押さえて、痕がなかなか消えない時にはむくみが起こっています。

人間の体内には水分が多く、その中でも特に細胞の中には水分が多く存在しています。細胞の中の水分は「細胞間質液」という名前で、これは体内を流れることによって栄養素を身体中に運ぶという役割を持っています。

この水分がうまく流れることができない際に、むくんでしまうことが多いとされています。

原因として、まず考えられることは、長い時間同じ姿勢を取り続けることによって、体液が循環しにくくなるということが挙げられます。

仕事や勉強などで長時間椅子に座っていたり、立ち仕事でずっと立っていたりすると、体の循環機能が低下してしまいます。このことによって、むくんでしまいます。

さらに、睡眠不足や、疲れが溜まっているときにも起こりやすいです。こちらも、循環機能が下がってしまうことに関係しています。

その他にも、ストレスや環境の変化などによるホルモンバランスの乱れや、運動不足などといった生活週間も原因のひとつとなっています。食事も、原因のひとつです。塩分を摂り過ぎてしまうことにより、余分な水分が体に溜まってしまいます。

むくみは病気の前兆サインかも!?

このように、普段の生活が大きく関係してくることが多いです。しかし、それだけではありません、病気の症状や、病気の前兆として出てきていることもあるので注意が必要です。

例えば、体の水分を調節する腎臓に悪いところがあると、むくみやすくなります。腎臓の機能が低下することで、水分をうまく循環できなくなってしまうからです。

さまざまな種類の病気の症状として、体がむくんでしまうということがあるので、気をつけておくことが必要です。自分で判断することは難しいので、長い間治らないというような時は、病院へ行って医者に診てもらうと良いでしょう。

このように、むくみの多くの場合は日常的な習慣が原因ですが、たまに病気に関わってくることもあるので、日頃から注意しておくことが大切です。

Be the First to comment. Read More